読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life Fund blog

4大卒20代底辺男のブログ。仕事やお金等のことなどつらつらと。

スポンサードリンク

ProgateでRubyの勉強を始めてみた。

人生 プログラミング

プログラミング言語を勉強すると決めたものの、

両手使っても足りないくらいたくさん種類のあるプログラミング言語に惑わされ、

どれを勉強するかを決めるだけで無駄に時間を消費してしまう。

 

PHPがいいのか、Javaがいいのか、Rubyがいいのか、Swiftがいいの…

 

各言語の特徴だけでは、似た特徴のものもたくさんあるし、決まらない。

 

「プログラミング 初心者」や「プログラミング言語 おすすめ」

 

少し検索語を変更してひたすらググるだけ。

 

ここで沼にハマる人も多いのでは…?

 

 

いろんな方が「どの言語から始めるべきか」や各言語を比較して「選び方」を

長々と説明しているものが多く、それらを読むのにも時間がかかる…。

 

どれを選ぶかを決めるだけで何時間も時間を消費するのは無駄ですね。

 

ということでここでは簡潔に。

”どの言語を学ぶか”の選び方=何を作りたいか。そして作りたいものに似た今あるサービス等が採用しているプログラミング言語は何か?

です。

例えば、FacebookならPHPポケモンGOのようなゲームアプリならUnity等。

始める前から必要以上に考えすぎることほど無駄なことはありません。

英語を始めて勉強するのにやれ「あれは米語だ」「英語だ」「豪語」だなどと細かななまりや違いを気にしてしまうようなものです。とりあえずまずは「英語」を話せるよういなることが最優先なのです。

 

まず実際に1つやり始めること。

効率よく、着実に。

私にはもう無駄にする時間は残されていないんですから。

 

ということで、私はAirbnbCOOKPAD等で採用されているRubyにしました。

 

プログラミング言語は書籍よりもネットで学ぶ方が学びやすいので、オンライン学習サービスのProgateでやり始めました。

とりあえず毎日23時から30分~1時間程度を目標に始めました。

 

ファイト、自分。