読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life Fund blog

4大卒20代底辺男のブログ。仕事やお金等のことなどつらつらと。

スポンサードリンク

資産運用始めるならFXが株式投資よりもおすすめ?

20歳くらいから株式投資やFXなどを少しずつやり始め、まだほんの少しですが経験も積んできたといえる程度にはなってきたかな~という程度。

 

それでも資金も少なく、取り組める時間も少なかったのでまだまだ初心者の域を出るにはまだまだです。

とりあえず勉強の毎日。

投資に関しては勉強が終わることはないんですが…

 

資産運用とかに興味ある人に個人的に最初におすすめなのはFX。

オーストラリアやニュージーランドと円のペアであれば最低5万円あれば多少余裕のもってトレードできます。

 

スポンサードリンク

 

 

FXは株式投資よりも安全?

FXは値動きが激しくなることも多々あって、そこで資金一気に溶かす人も多く「やめとけ」って人も多いのも確か。

しかし一気に資金溶かす人はリスクマネジメントができていなさすぎるだけです。

 

しっかりと注意払っていれば、FXのほうが安全性は高い(=初心者におすすめ)と思っています。

その理由は次の3つによるものです。

株式投資=5万円だとごく限られたトーレドしかできない

FX          =5万円あれば多様なトレードができる

 

株式投資=市場時間(9-15時)以外は取引不可

FX          =平日のほぼ24時間取引可能

 

株式投資=市場が開いている時間は忙しい時間帯と丸被りで集中して取り組めない

FX          =24時間取引可能なので集中できる時間帯だけでトレード可能

 

①FX=小額資金で多様なトレードが可能

株式投資は1度の1単元という決まった株数での取引をする必要があり、そのため1度のトレードで最低数万円は必要です(*単元未満株という制度もありますが、あまり使われません)。

FXは1000通貨からトレードできる業者もあり、その場合には5000円前後の証拠金でトレードできます。

そのためタイミングをずらしてポジションをとれるので、戦略的な幅もとれます。

 

いち早いトレードスキルの向上という点でもFXのほうに分があります。

FXは中長期よりも短期で細かな利益を積み重ねるようなトレードが小額資金でもメインでできますし、短期でのトレードの場合にはチャートを分析してトレードする「テクニカル」を活用する(人が多い)ので、株式投資から入るよりも早く実践的な場でトレードスキルを高めることが可能です。

 一方で株式投資の場合には、デイトレードスキャルピングといった短時間で細かく利益を積み上げていくタイプの投資は信用取引という最低30万円以上の証券口座残高が必要な方法を採らなければ取引可能な銘柄数自体も少なく、取引も買いしかできず(*FXは売り買いどっちも可)、また同一銘柄も1日で何度も取引することができないのです。

 トレードスキルを高めるために一番良いのは少しでも実戦経験を積むことです。

その点でもFXがより良い選択肢だと思います。

 

②FX=平日ほぼ24時間取引可能

FXなら5万円だけ入金すればポジションを持てる枚数も1枚(10000通貨)のみなので、大きく値動きがあるような場面であっても多くの場合損失は限られています。

もちろんFXには入金額以上の損失の可能性もありますが、それはBrexitのような世界的なイベントのとき程度で、建数1枚だけなら大きく動いたとしても飲みこめる程度の損失しかでないです(*個人の見解です)

FXは値動きが不安定で危ないと言われますが、FXはほぼ24時間取引可能で不安なときにはすぐ決済できます。それに対して株式投資の場合には9時~15時の市場が開いている時間しか取引できず、市場が朝開いた場合でもギャップアップ(GU)やギャップダウン(GD)という終値よりも上で始まったり下で始まったりということも日常茶飯事ですし、市場が開いている時間以外で何か大きな事件等があった場合も対処の仕様がなく、指をくわえてただ損失が広がり続けるのを見守るしかできないんです。

分かりやすく例を挙げると、

2016年5月、アキュセラというバイオ企業の株が臨床試験成功の期待で年初800円台だった株価が半年たたずに8000円まで上昇しており、個人投資家から大人気の銘柄になっていました。しかし市場時間外で臨床試験失敗を発表し、8000円台だった株価が1000円台まで何日間も取引できない状態のまま暴落しました。

FXの場合では大きく損することももちろんありえますが、株式投資のように「ただ指をくわえて」ということはないのです。

 

③FX=無理せず集中できる時間帯だけのトレード可能

「チャートを見れるときだけトレードする」「仕事から帰ってきてからトレードするが、寝るときには全決済してトレードやめる」ということができます。

夜間には日本のトレーダーの数は減りますが、欧米では逆に日本時間の夜間にちょうど市場が開いているので、流動性という点での心配もありません。

出勤時間と丸被りして集中して相場を見れない株式投資より、しっかり集中できるときだけトレードできるFXは精神的にも、効率的な投資スキルの向上にもうってつけです。

スポンサードリンク

 

 

キャッシュバックキャンペーン使えば資金面でもより始めやすい‼

 証券会社の場合にはあまり見られないキャンペーンなのですが、FXの場合には「口座開設₊一定数以上の取引」で1万円以上のキャッシュバックを受けられる業者がいくつも存在しています。ですので、例えば「ある業者で口座開設+一定数以上の取引でキャッシュバック受け取る→違う業者で口座開設して・・・」というようにうまくこのキャンペーンを利用すれば、合計数万円のキャッシュバックを受けられるうえに複数の業者を実際に利用してみることで自分が一番トレードしやすい業者を把握することができるのでとてもおすすめです。というか今から始める人はこれを利用しない手はないと思います。

 

噂以上にチャレンジしやすいFX。

資産運用に興味のある人は是非小額資金を使ったFXからその第一歩を始めてみてください。